弁護士に相談するメリット

交通事故の示談金がいくらになるかはケースバイケースですが、交通事故における損害賠償額は三つの基準が存在します。自賠責基準と任意保険会社基準、裁判基準の三つがあるのですが、この中でもっとも示談金額が低くなるのは自賠責基準です。その次に示談金が多くなるのは任意保険会社基準となり、もっとも高いのが裁判基準となります。裁判基準というのは過去の判例などを参考に示談金を計算するもので、これがもっとも高い損害賠償金になるケースが多いです。弁護士に依頼するとこの裁判基準を用いて金額を計算するため必然的に賠償金が高くなります。

弁護士弁護士に示談交渉を依頼すると、保険会社から提示された示談金よりもさらに高くなる可能性がありますし、これだけでも大きなメリットと言えるでしょう。また、面倒くさい示談交渉を自分でする必要がありませんし、これも大きなメリットではないでしょうか。

弁護士があいだに入って代理人となると保険会社も強気に出ることはできませんし、裁判基準で賠償金を支払うことになります。強気に出ても何もいいことはありませんし、保険会社としても増額して示談にして終わりにしたいと考えるのはごく自然なことなのです。弁護士に依頼したほうが良いというのはこういう理由です。


関連記事

  1. 交通事故に遭う可能性
  2. 弁護士の費用