弁護士の費用

費用弁護士に示談交渉を依頼したほうが良いことはわかったけど、弁護士に支払うお金も必要だよね?と思った方もおられるでしょう。弁護士もボランティアではありませんから、弁護士を利用したら当然費用が必要になります

まず、相談料はいくらなのかという疑問を抱かれた方もおられるでしょうが、相談料も弁護士によってまちまちです。だいたい1時間3000~5000円程度に設定している弁護士が多い傾向にありますが、現在ではもっと安いところ、高いところもありますから実にまちまちです。

ただ、無料相談を実施している法律事務所などもたくさんありますし、特定分野における相談は無料で受け付けているようなところもあります。交通事故被害相談は無料と謳っている弁護士も少なくありませんから、こうした弁護士にまずは相談してみてはいかがでしょうか。その後の費用ですが、着手金と成功報酬が必要になります。着手金も報酬もまちまちですが、最近では着手金も無料という弁護士が増えています。報酬金は支払われた示談金の数パーセント、というケースが多いですが、このあたりのパーセンテージもまちまちです。依頼する前にしっかりと確認しておくことをおススメします。


関連記事

  1. 交通事故に遭う可能性
  2. 弁護士に相談するメリット

弁護士に相談するメリット

交通事故の示談金がいくらになるかはケースバイケースですが、交通事故における損害賠償額は三つの基準が存在します。自賠責基準と任意保険会社基準、裁判基準の三つがあるのですが、この中でもっとも示談金額が低くなるのは自賠責基準です。その次に示談金が多くなるのは任意保険会社基準となり、もっとも高いのが裁判基準となります。裁判基準というのは過去の判例などを参考に示談金を計算するもので、これがもっとも高い損害賠償金になるケースが多いです。弁護士に依頼するとこの裁判基準を用いて金額を計算するため必然的に賠償金が高くなります。

弁護士弁護士に示談交渉を依頼すると、保険会社から提示された示談金よりもさらに高くなる可能性がありますし、これだけでも大きなメリットと言えるでしょう。また、面倒くさい示談交渉を自分でする必要がありませんし、これも大きなメリットではないでしょうか。

弁護士があいだに入って代理人となると保険会社も強気に出ることはできませんし、裁判基準で賠償金を支払うことになります。強気に出ても何もいいことはありませんし、保険会社としても増額して示談にして終わりにしたいと考えるのはごく自然なことなのです。弁護士に依頼したほうが良いというのはこういう理由です。


関連記事

  1. 交通事故に遭う可能性
  2. 弁護士の費用

交通事故に遭う可能性

毎日車を運転して職場に向かっているという方もおられるでしょうが、日常的に車を運転しているのなら当然運転には気を付けていると思います。過去に交通事故を起こしたことが一度でもある方だと事故の怖さは十分理解しているでしょうし、事故を起こさないよう常に注意を怠らずに運転していると思います。しかし、そのような注意も空しく相手方の不注意、運転ミスによって交通事故に巻き込まれてしまうということは多々あります。

交通事故誰もが交通事故の被害に遭ってしまう可能性がありますし、絶対に事故に遭わないという方はまずいません。自宅にずっと閉じこもったままだと事故に遭うことはないだろう、という屁理屈を口にする方もおられるでしょうが、自宅のリビングでくつろいでいるときにトラックが自宅に突っ込んでくる、ということも考えられます。このようなケースは少ないでしょうが、絶対にありえない話ではありませんしそう考えると誰もが事故に遭う可能性はあるのです

交通事故の被害に遭ったときは示談金の交渉が必要となりますが、多くの方は自分で保険会社と交渉しようとします。しかし、自分で保険会社と交渉するよりも弁護士に依頼したほうが示談金の増額が期待できます。そのため、基本は弁護士に依頼して示談交渉をしてもらうのがもっともベストな選択と言えるでしょう。ここでは弁護士に依頼するメリットや、必要になる相談料の目安などについてお伝えしたいと思います。ぜひ今後に活かしてください。


関連記事

  1. 弁護士に相談するメリット
  2. 弁護士の費用